第二新卒応募OKの緩和ケアの看護師求人を探すなら!

※便利な看護師求人サイトをご紹介!

緩和ケアに関わらず、看護師の新卒採用は多くあるものの、第二新卒となると数は減ってしまいます。病院のホームページを見ても、新卒採用しか行っていない病院が多くあります。一概に第二新卒と言っても大きく分けて2つの種類があります。まず1つ目が、1度働いたけれども、すぐに辞めてしまった方、2つ目が就職活動がうまくいかなかったりなどの理由で、学校を卒業後すぐに就職しなかった方の2種類です。

1度働いたことがある人は、自分の病院でもすぐに辞めてしまうのではないかと思われがちです。もし前職で緩和ケアで働いていなかった場合は、どうしても緩和ケアで働きたかったので、転職を希望したという熱意をしっかりと伝えることが重要です。また、前職でも緩和ケア病棟で働いていたけれどもすぐにやめてしまった人は、転職先の病院にどれほどいきたいかという熱意を伝えることが重要です。そうすることで、すぐに辞めてしまった原因を、病院や緩和ケア病棟への熱意に変えることができます。またすぐに辞めてしまったとしても、第二新卒であるため、新卒と同じような研修やプログラムを受けることも可能です。

就職がうまくいかなかったなどの理由で、すぐに就職できない第二新卒の方の場合は、就職していない期間、どのような経験を積んでいたかが非常に重要になります。新卒とはちがい、志望動機や学生時代の取り組みだけでなく、空白期間に何があったか聞かれる場合もあります。その時に備えて、まず自分が何をいうか事前に決めておきましょう。第二新卒だからといって、ネックに思う必要はありません。まだどこの病院にも染まっていないという点では、新卒と同じような研修を受けることができますし、経験がない場合はこれからの成長を期待して採用します。新卒と中途の間と自分のことを考えるよりは、新卒と同じように考えて、病院の研修やプログラムを熱心に受けることが重要です。

第二新卒の場合は、新卒採用に比べてぐっと数は減ります。また、経験者限定の中途採用に比べても数が減ってしまいます。そのため、自分から主体的に動くことが重要です。どうしても行きたい病院があれば、問合わせてみるのもひとつの手です。新卒採用も受けれない、中途採用も受けれない第二新卒という立場ですが、実際第二新卒を歓迎している病院もあります。求人がないからと諦めず、頻繁に求人情報をチェックすることでタイミングよく第二新卒歓迎の求人に出会えることもあります。

緩和ケアの看護師求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社