緩和ケアで働いている看護師のやりがいとは?

※便利な看護師求人サイトをご紹介!

緩和ケア病棟に入院している患者は、がんなどの重度の疾患を抱えている人がほとんどです。不治の病をイメージさせるがんなどを宣告された場合、言われた患者やその家族の精神的なダメージは私たちの想像をはるかに超えます。死刑宣告を言われたような衝撃を受ける人もいますし、宣告だけでも生きる力をそぎ落とされるくらいのショックを受ける人もいます。これまでの生活の中で生きがいを見いだしていたものに対しても、宣告されたその一瞬で無意味なものに感じられてしまうくらいの衝撃を受けます。しかしそこから立ち直って、命が消えるその最後の一瞬までその人らしく生き続けるためにはどうすればいいのかを考えるのが、緩和ケアです。生きる気力が低下した、もしくは完璧に気力が失われた患者のそばに立ち、自分らしく最期まで生きるように奮い立たせるのが緩和ケア看護師の役割です。これはほかの診療科目で仕事をしているときには、決して経験できないことであり、そこにやりがいを見いだしている人も多いです。

また緩和ケア看護師の力だけで、患者に自分の死を受け入れさせることは困難でしょう。そこで周りの人たちの協力も非常に大事になります。その意味では、今まで以上にほかの医療スタッフとの連携を実感できるはずです。たとえば、患者にとって緩和ケアとして何を優先すべきかは人によって変わってきます。そのような患者がどのようなケアを希望しているのかを、細かく聞き取るのは看護師の役割です。そしてその情報を医師などの医療スタッフに挙げることによって、よりその患者の望む治療が受けられます。最高の治療方法は、患者によって変わってきます。患者の意思を反映するために、医療スタッフとの間の架け橋という重要な役割を担うので、そこにやりがいを見いだしている看護師も多いです。

患者が自分らしく最期の瞬間まで生きられるようにするためには、家族の協力も必要不可欠です。しかし家族もそれぞれ患者の抱えている病気に対するとらえ方も様々でしょう。そこで家族としっかりとコミュニケーションをとって、家族の疾患に対する考え方を取りまとめるのが看護師の仕事です。家族の意見を集約して、いかにして患者の後押しをするために総力を結集できるかも看護師の役割が必要不可欠です。このように周囲のみんなと協力して、患者が最後まで自分らしく生き続けるにはどう行動すればいいのか考えるのは大変な半面、やりがいを感じるという緩和ケアの看護師は多いです。

やりがいのある職場探しならこのサイトがお薦め!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社