緩和ケアの看護師の募集時期は?

※便利な看護師求人サイトをご紹介!

緩和ケア病棟の看護師の募集は、ほかの診療科目の求人と比較するとまだ少ない傾向があります。緩和ケアという考え方が登場してからまだ歴史が浅いことも関係しているでしょう。しかし年間通じてみてみると、緩和ケアの看護師の求人数が多くなるタイミングがあります。その時期に合わせて転職活動を行えば、より選択肢が広がるので自分の希望に近い職場の募集に出会える可能性も高まります。緩和ケアの看護師に転職しようと思っているのであれば、11月の後半から12月にかけてのタイミングで転職してみるといいでしょう。なぜこの時期に募集の数が多くなるかというと、いくつかの点が指摘されます。

まずこの時期は冬のボーナスの支給される時期とちょうど重なる点に注目です。転職をしたい、離職をしたいと考える看護師の中にはボーナスを受け取ってからせっかくだから離職しようと考える人が多いです。大きな病院になると、給料の数か月分というまとまったボーナスの支給される所も増えます。これだけの額をみすみすもらえるチャンスを逸する必要はないというわけです。またこの年末の時期になると、その1年の総括をする意識が高まるのも関係しているかもしれません。その中で自分の置かれている現状を見つめ直し、現状打破するために転職してみようと思う人が増えます。また年度初めから就職したいと考える人が今度の転職活動をにらんで、離職をするケースも増えます。このため11〜12月にかけて、緩和ケアの看護師の求人がほかと比較すると増える傾向があるわけです。

病院側にも、緩和ケア病棟の看護師を募集する数を増やす事情があります。先ほど紹介したように、年度初めには転職を希望する看護師が多くなって人材の流動化が進みます。そこで3月退職者のことを計算に入れて足りなくなった人材を補充するための募集を早くから仕掛けて、より有能な人材を確保したいという思惑が働きます。また年度末が近付いてくると余っている予算を使い切ってしまいたいという医療機関も出てきます。予算を使い切るために人材に積極的に投資しようという雰囲気が高まり、緩和ケア病棟の看護師を積極的に採用する傾向も見られます。

ですから緩和ケア病棟の看護師に転職したいと思うのであれば、11〜12月をにらんで転職の準備をしておきましょう。この時期になると、高待遇の人気の案件もちらほらと募集が出てきます。有名な病院での募集なども出てきやすくなるので、ビジネスチャンスを広げられるというメリットも期待できます。

緩和ケアの看護師募集を探すならコチラ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社