看護師の緩和ケア資格について!

※便利な看護師求人サイトをご紹介!

緩和ケア病棟で今後キャリアアップしたいと思っているのであれば、緩和ケア認定看護師という上位資格を取得しておきましょう。緩和ケア認定看護師の資格を取得しておけば、今後転職することになった場合でも即戦力として、多くの医療機関から高く評価を受け、採用される可能性が高まります。資格を持っているので、手当てがついて給料の上積みも期待できます。看護師として病棟の患者をケアするだけでなく、ほかの同僚看護師の監督や指導なども行えます。大変になるかもしれませんが、責任ある立場で仕事のできる可能性が出てくるので、やりがいも見いだせるでしょう。ただし緩和ケア認定看護師になるためには、資格試験を受けるための条件をクリアし、かつ試験に合格する必要があります。

緩和ケア認定看護師の受験資格を得るためには、まず看護師としての実務経験が5年以上ないといけません。そのうちの3年以上は緩和ケア病棟関連の実務経験がないといけません。ちなみにこの実務経験の年数ですが、連続である必要はなく通算で上の基準をクリアしていれば問題ありません。結婚や出産で現場を離れてブランクのある看護師でも、復職した時点で一からカウントする必要はありません。その上で、認定看護師教育課程というプログラムを履修する必要があります。認定看護師教育課程のプログラムは、615時間以上で半年以上のカリキュラムとなります。この教育課程のプログラムを修了した看護師を対象にして、認定審査が実施されます。認定審査は筆記試験が中心となります。認定試験の結果合格であれば、緩和ケア認定看護師の認定証が与えられ、認定看護師として登録されます。

試験対策ですが、緩和ケアのことに関して専門的に解説しているテキストを活用しましょう。基本的な知識に関しては、看護学生に対して文科省の提供している緩和ケア教育に関する書籍を読み込んでみましょう。その他には、緩和ケアに関する研修会や学会も年間通じていろいろと開催されています。このような所に参加して知識を学んだり、参加者と交流をする中で積極的に最新の情報を収集したりして、試験対策を行っている看護師も多いです。

認定看護師教育課程のプログラムを受けるためには、看護業務と並行は不可能です。そこでいったん現在の勤務は休職するか、長期出張扱いにしてもらう必要があります。このような教育課程を受講するために、病院が積極的に支援してくれるかどうかも転職先の判断材料にしてみましょう。

緩和ケアへの転職をお考えの看護師はコチラ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社